2014年10月


店頭と出張買取の違いって何?

ラジオやテレビで盛んに宣伝されているバイク買取のサービスは、バイクを所有している人であれば一度は意識したことがあるのではないでしょうか。

それほどバイクに乗らないという環境にある人は、どんどん価値の下がっていくバイクをバイク買取業者に早めに引き渡したいと考えるのが自然です。

もしも日常的に使わないのであれば少しでも価値の高いうちに手放して現金に変えたいと考え、買取サ-ビスを検討してみたくなるのが普通の感情です。

この買取サービスですが、中古車販売をしている販売店の店頭に持ち込んでの買取査定と、業者側が自宅まで買取査定のために出張してくれる出張査定の二つがあります。

この内出張査定はそのまま出張買取に移行するケースがあり、それがトラブルを生んでいた背景になっていたこともありました。

しかし最近では法改正により中古車取扱業者は出張査定の現場で直接買取の勧誘をしてはいけないということになりました。

それはすなわち出張査定時に業者から買取の話ができなくなったということを意味しています。

バイク買取の場合はそれほど場所を取らないので、故障しているのでもなければ店頭での買取査定の方が良いかもしれません。

自宅までの出張査定は業者側に負担をかけるものですから買取査定にも影響を及ぼしかねませんし、遠方まで来ての出張査定では手ぶらで帰るわけにもいかないという事情もあるでしょう。

本当に売る気があるのであればまだしも、参考程度に呼びつけてしまうと表面的にはともかくとして、何らかのデメリットがあるでしょう。

バイク買取は全く動かない車両を売却する場合以外は店頭に持ち込んだ方が気が楽かもしれません。

自宅を知られることもありませんし、査定が気に入らなければ買えればよいのです。

なお、近年の法改正では出張先での買取契約は原則として禁止されており、売却契約にもクーリングオフが適用されることになっています。

仕組みを十分に理解してバイク買取を利用しましょう。




故障したバイクは修理してから売却したほうがよい?

正常に走る事ができるバイクの場合ですと、バイク買取に出せば問題なく買取ってもらう事ができます。

ただ、故障している状態の時は売る事ができるのかどうか迷う事があるものです。

やはり故障している状態では素人目に見ても価値が低くなりますので、売る事ができないと思い、修理してから売却しようと考える方も少なくありません。

しかし、故障したバイクの場合でも修理に出さない方が良いと言えます。

なぜなら直す為に掛かった費用が買取価格に反映される事は殆ど無いからです。

その為、直してからバイク買取を利用する流れですと、結果的に損をする事にもなってしまいます。

つまり無理に直したりせず、そのままバイク買取を利用した方が良いと言えますが、買取ってもらえるのかどうかというと、問題なく買取ってくれる業者もあります。

業者によっては自社工場で安く直す事ができますので、壊れて走らない状態でも買取ってもらえる事があるのです。

また、走らないようなバイクでも高値に繋がる事がありますし、時には予想以上の価格で売れてお得感のある売却にする事ができます。

似たような悩みとして傷の補修をした方が良いのかどうかという内容も挙げられますが、傷の補修もしない方が無難と言えます。

費用を掛けず尚且つ綺麗に直せる場合なら手を加えても問題ありませんが、費用を掛けるとなると故障した時と同様、補修費用が買取価格に反映されずに損をする売却になってしまいます。

また、下手に補修を行う事によって状態が悪化してしまう事がありますし、状態悪化によって価値が落ちてしまう事もあります。

その為、敢えてそのままバイク買取に出すようにした方がお得に売る事ができます。

因みにバイクというのは事故車の場合でも買取ってくれる事があります。

事故車の場合ですと明らかに価値が無さそうに見えてしまうものですが、時には使えるパーツが残っている事もありますし、それらのパーツに価値が付く事もあるのです。




付属品がなくても売却はできる?

バイクの買取について、付属品がなくても売れます。

しかし付属品がついているのといないのとでは、バイク買取の時の肯定価格にかなり差がでてきます。

付属品がついていないと売れないことはないのですが、できるだけ付属品をつけましょう。

またバイクの好きな人ほど、自分好みのバイクにカスタマイズしている人も少なくありません。

一般的にはバイク買取の場合には、カスタマイズされたバイクは高くは売れません。

購入した状態のバイクの方が高くうれます。

車でも同じような事が言えるのですが、奇抜なものよりはベーシックな色やスタイルの方が、 一般受けしやすく、買い手がつきやすいのです。

その分バイク買取の金額も必然的に高額になります。

カスタマイズしたバイクについては、バイク買取の時の担当者によっても買取金額が変わってくる事があります。

よりその部品について知識のある人ならば、その部品の価値も分かっているので、 買取価格も高くなります。

知識のない人でしたら買取価格は安くなります。

肯定してくれる人によって買取金額が変わってきますので、 何社か見積りをだして高い肯定をしてくれる所に依頼するか、インターネットオークションで売るという手もあります。

またバイクを売る時に、部品の部分も含めてきれいにしてから売りに出そうというのが心情ですが、 それが裏目に出ることもあります。

バイク本体が汚れていたりサビていたり、部品が汚れている場合に、 変に自分で磨いたりすると肯定が下がってしまう事があります。

無理に洗浄したり磨くことによって、キズやヘコミ、変色等が生じる恐れがあるからです。

傷やヘコミがある場合にはそのままにしておくことが無難です。

下手に修復作業をすると、かえって状態を悪くしてしまい商品の価値を落としてしまう可能性もあります。

ですのでバイクを売る時には下手に手を加えない方が、高く売れるのです。

大切なバイクを売るには、信頼できるお店に依頼するのが大切です。